測量       補償       設計       地質調査       土質調査       実績(抜粋)

◆ 地質調査部

 地質調査部は、主に建築・土木(防災施設含む)構造物、災害後の復旧施設等の設計・施工上に必要となる地盤情報の取得を目的とした調査・試験の計画立案・実施を行います。

<資料調査・空中写真判読・地表地質踏査>

 資料調査・空中写真判読・地表地質踏査を行い、調査地域の地質分布や地質構造、さらに地山の安定性、地表水、地下水などの状況などの広範な地質に関する諸情報を明らかにする。

<構造物基礎調査>

 構造物規模に応じた調査計画(ボーリング調査、サウンディング試験、表面波探査)を立案・実施して、計画・設計時の諸検討(支持層の選定、支持力、即時沈下量・圧密沈下量、杭の水平抵抗)に必要な情報を取得する。

<路線地盤調査>

 計画段階(最適なルート選定等)、設計段階(最適な工法提案等)、施工段階(施工管理調査)、供用段階(維持管理調査)など、事業段階に応じた調査計画の立案および調査・試験を実施する。

<地盤災害対策のための地質調査>

 防災(地すべりなどの斜面災害、地震災害、降雨災害、火山災害)のための調査計画を立案・実施して、応急対策、恒久対策等の対策工検討(解析・設計)を実施する。